一期一会  詞・曲) カワギシ ヒロ

人は一人この世に生まれ それぞれの道を
思いのままに歩き、生きて 一人去っていく
 
愛し愛され、傷つき傷つけ、喜び悲しみ
様々に織り成す人模様に 自らを映す
 
そう誰も 一度だけの人生
今このときは 唯一度だけ
リハーサル無しの本番さ
 
あの人がいて僕がいて 当たり前のこと
当たり前と思ってた日々が ある日くずれた
 
なくして初めて気がついた 別れは突然
何の前触れもなしに やってくるものだと
 
赦されて 見守られて
はぐくまれてきたんだ 尽きせぬ愛に
振り返れば感謝だけが
悲しみを超えて溢れ出すよ
 
もう、僕はためらいを捨てたよ
いまこのときにありったけの愛を
そそいで生きていくだけ
 
あなたと巡り会って恋をして 心合わせて
一つになって同じ夢見て いのち燃やしても
 
明日になればあなたも僕も 変わっているかも
僕はあなたに求めないよ 永遠の誓いを
 
そう、すべて表れて消えていく
ただ僕は祈るよ あなたの幸せを
さあ、ワインを開けて 時をあたため合おう
二度と来ないこのときを