恋は七不思議  詞・曲) カワギシ ヒロ

恋は七不思議       ときめき始める
気がついたときには    もう手遅れなのさ
   
いつもと違うよ      街の景色さえ
吹き抜ける風も      胸に沁みるよ

そう恋は七不思議
英雄にも臆病者にもなる
 
君を待つときの      なんて長いことか
君と過ごすときの     なんて短いことか
   
僕の心の中は       君だけが住んでる
昨日までの僕は      一体どこに行ったの

そう恋は七不思議
君のことをもっと知りたいんだ  

そう恋は七不思議
この風にのって君とどこまでも